ホーム 2016年(英語版のみ) 2016年6月号「After Ebola(エボラ後のシエラレオネ)」(英語版)
2016年6月号「After Ebola(エボラ後のシエラレオネ)」(英語版)
売り切れ

◆英語版(A4判フルカラー・40ページ)

The world's media extensively covered the Ebola crisis at its peak, but now the epidemic's impact on communities in West Africa has fallen off the news agenda. And while millions of donor dollars eventually poured in to help contain and defeat the virus, its after effects – social, cultural and economic – will continue to be felt for years to come. We take a critical look at the humanitarian response and health systems deficit. Ebola is not a new disease – it's been around since 1976 – so why did over 11,000 West Africans die 2014-16? Did we learn the right lessons from the outbreak, and, with Ebola considered endemic in the region, is Sierra Leone ready if the virus returns?

エボラ危機のピークの時、世界中のメディアは大々的に報道した。しかし現在、その大流行が西アフリカのコミュニティーにもたらした影響は、メディアが取り上げらることもめっきり少なくなった。そして最終的にはウイルスを封じ込め打ち負かすため多額の援助が投入されたものの、社会的、文化的、経済的な後遺症は何年にもわたって続くことになる。人道的対応と保健システムの欠点について、私たちは厳しい問いを投げる。エボラは1976年ごろから発生しており、新しい病気ではないが、なぜ1万1,000人以上の西アフリカ人が、2014年から16年にかけて死亡したのか? 私たちはこの大流行から適切な学びを得られたのか? エボラは地域性のある感染症と考えられているが、再びウイルスが戻ってきた時に備えて、シエラレオネはその用意はできているのだろうか?

目次はこちら


 

・ 型番
NI493
・ 販売価格

980円(税込)