ホーム 2016年(英語版のみ) 2016年9月号「Trade unions - Rebuild, renew, resist(労働組合の再建、復活、抵抗)」(英語版)
2016年9月号「Trade unions - Rebuild, renew, resist(労働組合の再建、復活、抵抗)」(英語版)
◆英語版(A4判フルカラー・40ページ)

A relic of a bygone era - or a billion-strong social movement fighting for workers' rights everywhere? The reality of trade unionism today falls somewhere in between. In the Western world, union-busting laws, globalization and internal conflicts have left many trade unions reeling. In some countries of the Global South, trade unionists face discrimination, danger and even death. Meanwhile, workers' rights are being sacrificed on the altar of corporate greed gone mad: zero-contract hours, sub-contracting, privatization, outsourcing and special economic zones are all part of a 'race to the bottom' being run by transnationals concerned only about their profits. Yet all is not lost. From Colombia to China, Bangladesh to Barcelona, workers are still fighting for their rights - and, sometimes, winning. This issue, New Internationalist looks at the state of the unions, how they need to adapt to the new reality for workers in the 21st century, and why they are more important than ever.

過ぎ去った過去の遺物か、はたまた労働者の権利のために世界中で闘う何十億もの人々による社会運動か。このふたつの姿の間のどこかに、今日の労働組合主義の現実が存在する。西洋社会では、多くの労働組合が衰弱してふらふらの状態だが、その原因は労働組合たたきの法律、グローバル化、組織における内紛にある。南の国々では、差別や危険、あるいは死に直面する労働組合員たちもいる。その一方で労働者の権利は、企業の強欲にまみれた狂気の犠牲となっている。多国籍企業は自らの利益のみを考え、「底辺への競争」を繰り広げ、それはゼロ時間契約(*)、下請け、民営化、外注、経済特区といった形をとる。 しかし、希望はまだある。コロンビアから中国、バングラデシュからバルセロナまで、労働者たちは自らの権利のために闘い、しばしば勝利を手にしている。今月のNew Internationalistでは、労働組合の現状、21世紀の労働者に必要な新たな現実への対処方法、かつてないほど高まっている労働組合の必要性について報告する。 . *待機労働契約とも呼ばれる非正規雇用の形態で、雇用主からの要請によって働き、その労働時間に応じて給料を受け取る。労働時間は定められておらず、仕事がない場合は給料も支払われない。

目次はこちら


 

・ 型番
NI495
・ 販売価格

980円(税込)

・ 購入数