ホーム 2016年(英語版のみ) 2016年11月号「Peace in Colombia? Hope and fear(平和を模索するコロンビアの希望と不安)」(英語版)
2016年11月号「Peace in Colombia? Hope and fear(平和を模索するコロンビアの希望と不安)」(英語版)
◆英語版(A4判フルカラー・40ページ)

The shock result of Colombia’s recent referendum in which ? by a razor thin margin ? the people voted ‘no’ to ratifying an accord to end 52 years of violent conflict, has not killed all hopes for peace. Both the government of Juan Manuel Santos, who recently won the Nobel Peace Prize, and the leader of the FARC guerrillas, Rodrigo Londono, have vowed to continue the process. They are supported by hundreds of thousands across the country who have been marching for peace.

This issue of the magazine looks at what is special about the peace being sought in Colombia and the forces that oppose it; the important role of women and minorities in shaping the peace; and the on-going struggle for economic, social and environmental justice in one of the continent’s most unequal and trouble-torn countries.

先日コロンビアで行われた国民投票では、52年間の激しい内戦に終止符を打つ合意の締結に、人々は僅差で「ノー」を突きつけ衝撃的な結果となった。しかしそれは、希望と平和を打ち砕いたわけではない。政府も先日ノーベル平和賞を受賞したサントス大統領も、そしてゲリラ勢力FARCのロドリゴ・ロンドニョ最高司令官(別名ティモレオン・ヒメネス)も、和平プロセスを継続することを誓っている。彼らは、平和に向けて歩んでいる全国の多くの人々から支持されている。

今月は、コロンビアで模索が続く和平プロセスの特徴と反対勢力についてと、平和を築く上で重要な女性とマイノリティーの役割、南米大陸で最も不平等で問題が山積した国のひとつで続く経済・社会・環境の公平性を目指した苦闘について報告する。

目次はこちら


 

・ 型番
NI497
・ 販売価格

980円(税込)

・ 購入数