ホーム 2017年(英語版のみ) 2017年1/2月合併号「Three decades of change in an African Village(あるアフリカの村から ― 30年がブルキナファソにもたらした変化)」(英語版)
2017年1/2月合併号「Three decades of change in an African Village(あるアフリカの村から ― 30年がブルキナファソにもたらした変化)」(英語版)
売り切れ

◆英語版(A4判フルカラー・40ページ)

In the January-February 2017 issue of New Internationalist Chris Brazier completes a unique journalistic project by returning to the village in Burkina Faso, in west Africa, that he first visited in 1985 while making a film.

He visited in 1995 and 2005 to report on changes in the lives of individuals and on the progress of development in the community. The previous magazines have offered an intriguing insight into the lives of people battling against poverty and have reported on substantial positive changes in the life of the community - from the opening of a health centre and a primary school in the village to the first appearance of mobile phones.

Have the past 11 years of change brought further progress? And are the individuals that we have tracked over the three decades still healthy and happy?


クリス・ブレイザーは今回、1985年に映画撮影で初めて訪れた西アフリカのブルキナファソの村を再訪した。2017年1/2月合併号のニュー・インターナショナリストは、その彼のユニークな報道プロジェクトの完結編である。

彼は1995年と2005年にも村を訪問し、コミュニティーの発展と個々人の生活の変化についてリポートした。過去の特集号では、貧困と闘う人々の生活について興味深い問いかけを行い、村にできた保健センターと小学校の話から携帯電話の登場まで、実際の重要な変化について報告している。

過去11年間で、さらなる発展を遂げたのだろうか? 30年以上にわたって間近で様子を見てきた人々は、現在も健康で幸福な生活を送っているのだろうか? 30年という時が何をもたらしたのか報告する。


目次はこちら


 

・ 型番
NI499
・ 販売価格

980円(税込)