ホーム 2008年 2008年4月号「先住民族 〜 変わりゆく政治と暮らし」(日本版)
2008年4月号「先住民族 〜 変わりゆく政治と暮らし」(日本版)

現在世界各地で異変が起きている。これまで疎外され虐げられてきた先住民族が団結し、公正な扱いを求め、反撃に転じているのだ。

先住民族出身のエボ・モラレスがボリビアの大統領に当選した影響は、さざ波のようにラテンアメリカ諸国に広がり、現在もその余波が続く。アフリカでは、コンゴ盆地に住む「ピグミー」と呼ばれる先住民族が世界銀行に闘いを挑んでいる。インドでは、アディバシと呼ばれるさまざまな先住民族が大企業に立ち向かっている。オーストラリアの先住民族であるアボリジニの活動家たちは、ハワード政権時代に作られた悪影響を及ぼしている人種差別的な政策を見直すよう新政権に対して強く求めている。

国際的な動きでは、「先住民族の権利に関する国連宣言」が採択されたことが最も重要である。もしもこの宣言の内容が現実のものとなれば、先住民族に対する待遇、自然資源採掘の方法、人類が地球を救えるかどうかについて、今後重大な違いを生み出す可能性があるのだ。

すでに新たな試みが行われているボリビアの状況を中心に、先住民族の現状を探る。

◆日本版(A5判モノクロ・48ページ)

目次へ→


 

・ 型番
NIJ98
・ 販売価格

630円(税込)

・ 購入数